07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑クリックしてくれると嬉しいです。

* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2006-08-06 (Sun)
今日は、テストと花火大会でした。
えー、ちょっとテストのことも。
今日は数学と理科のテストだったんです。
数学のテストは、時間が足りなくて、悔しかったですねー。
だからって、時間があったらできるのかと言われると、厳しいですが。

生物は、習ってないところは出るわ、今までやったことないようなパターンの問題が出るわで、ぼろぼろです。
でも、半分はありましたが。


さて、花火の話。
今年も着ました、浴衣!!
やっぱ、花火大会といえば浴衣ですよ。

今年は、地元の友達(中学の同級生)と一緒に行く約束をしていたので、待ち合わせ場所に行こうとしたら、家を出て、ほんとにすぐのところで高校の友達に会って、びっくりしました。
その子達は地元じゃないので、道案内もかねて途中まで一緒に行きました。
「●●●って、風流な町やなぁ」
「●●●って、ちょっと変なとこやなぁ」
という相反する感想をもらいました(笑)どっちなんだろう??

で、私も友達と合流し、会場に。
毎年のことですが、まぁすごい混雑です。
都会の花火大会に比べれば少ないのかもしれませんが、普段の様子からすると、ほんとにもうものすごい混雑です。
浴衣に下駄なので、余計動きにくいですし。

懐かしい友達に会ったりしながら時間をつぶしてました。
カップルで歩いてる友達には声を掛けにくくて、なんとも言えない感じですれちがったりもしました(苦笑)
で、開始の放送があったんです。
花火を見ていたら、放送で
「この花火大会は県下でも最も古く、…」
とか言ってたんですけど、
誰も知らない!
地元の友達ばっかりでいたのに、全員で「そーなんや」って言いました(笑)

花火は綺麗でしたよー。
地元の花火は、打ち上げているところが比較的近いので、音と光の時間差があんまりなくて、私は好きです。
近いので、大きく見えるし。
だいたい、毎年同じようなのが上がるので、そういう意味での新鮮さはないですが、やっぱ楽しいものです♪

浴衣に花火にかき氷
「日本の夏」って感じですねぇ。

今日の記事の投稿時間、ちょっと細工してるので、実は実際投稿した時間とは違ってるんですよねー。

↑クリックしてくれると嬉しいです。

Theme : 高校生日記 * Genre : 日記 * Category : 日記
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by 夢澤瑠璃
>平凡助教授さんへ
私の説明に、すごい肉付けが…!!w(いや、いいですよ、全然)

批判的思考…タノシメタカナ??

その団体に関しては、私も詳しくは知らないので、差し出たコメントは控えておきたいと思います(汗)

長引かせるつもりはないけど,ちょっと関係者におわび * by 平凡助教授
「一太郎やぁい」のお話はおもしろいねえ.事情も知らない文部官僚に軍国美談にされて教科書に載って,あとで悲惨な生活が報道されるやとつぜんセレブリティー扱い.「天子さまによく御奉公するだよ」という叫び (実際は文部省の創作らしい) が美談になるということ自体,そういう叫びが珍しいものであることを国民に知らせることになり,逆効果に思えるが.

ごめん,高校生にはつまんないこと書いてしまったかも.↑こういう批判的思考が楽しめる高校生なら,大学に来るのもおすすめです.ト大学教員ラシイ発言ヲスル平凡助教授.

ところで前回「宗教団体 (じゃないけど)」と書いたけど,宗教性を否定するつもりはありません.関係者のみなさま,誤解があったらごめんなさい.自ら宗教法人を名乗っているのかどうか分からなかったので,そういう表現をさせてもらったのです.平凡助教授としては,ひとの信仰を「宗教じゃない」などというつもりはありません.これだけいいたくて今回また書き込みしました.おしまい.

* by 夢澤瑠璃
>平凡助教授さんへ
その説明と、花火が見える所だということから、間違いなくばあさんですw
正式には「一太郎やぁい」という名前(?)の銅像ですw(これは町がバレバレですね)
日露戦争に出征していく息子を見送っている姿だったと思います。(無駄知識)
うろ覚えなので、ところどころ不確かですが。

* by 平凡助教授
丘とは小山のことだそうです.銅像の前にいたんだけど,ばあさんとは気づかなかった.キレイな理事長のいる学校を持つとある宗教団体 (じゃないけど) の駐車場にクルマ停めてちょっと裏から登って来た場所.

* by 夢澤瑠璃
>平凡教授さんへ
港を見下ろす丘って、山のことでしょうか?
ばあさんの銅像がある。
先祖が住んでたところに「近い」っていうのがいいですね。

そーですね、田舎のわりには数が多いですからねー。
スポンサーは分かりませんね、残念ながら。
せっかち…。んーどうでしょう。
この町以外で住んだことがないので、ちょっと判断しにくいですねーw

管理人のみ閲覧できます * by -

いなかの割に集中豪雨的花火 * by 平凡助教授
ボクもその日ある港町に花火を見に行きました.港を見下ろす丘の上からは仕掛けがじゅうぶん見えなかったけど,日が沈む前に見えた川が流れる風情のある町並みはなかなかのものでした.(その地域は先祖が住んでいたところに近いので思い入れ入ってるけど.) 35分で4000発だから,1分あたり100発強.いなかの割に高い集中力というところに注目して初めて行ってみたのです.特に後半は持続時間も延びてペースもあがり,気分良かったです.満足度高し.スポンサーはどこだろうとか,この土地の人は意外とせっかちなのかなとか,余計なことも考えたけど.

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。